MENU

年齢の条件を満たせないと絶対に利用ができない

カードローンはどこでも利用条件を定めており、その中には必ず年齢に関する条件も設けられています。何歳以上で何歳までの方といった記載がされており、年齢の条件を満たせない方は利用条件を満たせないため、当然ながらカードローンによるお金の借り入れは行えません。

 

年齢の条件はカードローンサービスによってまちまちですが、多くは20歳以上の成人をしている方を対象としています。未成年への融資を行っているところは極僅かで、大手消費者金融にしても銀行にしても、未成年への融資を行うところは見かけません。

 

一応は一部の信用金庫などで未成年でも親権者の同意等があれば一定額までなら借りられるとしているところがありますが、基本的には未成年の方は学生ローンを利用する以外にはお金は借りられないと言えます。

 

年齢の上限を超えてしまう方も同様で、下限の年齢だけでなくカードローンの多くは上限の年齢も定めているので、超えてしまう年齢に達すると申し込みが行えません。利用中、契約中に年齢を超えた場合にはカードローンサービスによって対応が異なりますが、多くは新規での借り入れが停止されます。

 

カードローンは限度額内で繰り返し借りられるサービスではありますが、年齢が超えると限度額があっても追加では借りられなくなります。あとは返済を進めるだけとなってしまうので、できることなら年齢の上限に達するまでにはカードローンは完済をしておきたいものです。

 

どの年齢まで借りられるかについては借り入れ先によって異なるので、ある程度の年齢を重ねている方はカードローンの利用年齢をしっかりと確認しておきましょう。