MENU

教育にかかる費用を借りるなら消費者金融よりも銀行

子供の教育資金には多額の費用がかかり、どうしても手元にあるお金だけでは足らない場合があります。入学金や授業料などで多くのお金がかかるため、貯蓄があるとしても底をついてしまう、またはいくらか足が出てしまうこともあります。

 

教育資金が足らなければ金融機関で借りる教育ローンを利用するといった手がありますが、教育ローンをはじめとする目的型のローンはしっかりとした用途を明確にする書類を用意しなければならないことや、一度借りたらあとは返済を進めていくだけといった不便な点もあります。その分だけ金利には優れているのですが、継続して何かとお金がかかる教育費用としての借り入れで考えると、若干ながら物足りない印象も受けます。

 

そこで考えてみたいのがカードローンを使った教育資金の借り入れです。カードローンは利用目的が健全な消費性資金としてであれば自由なため、教育資金としてももちろん使えます。限られた範囲の用途とはならないので教育資金としての借り入れでも、その他の用途に使うとしても自由です。

 

また、カードローンであれば資金使途の申告は申し込み時のみでよく、限度額内で繰り返し借りる際には使途を申告する必要もありません。今後の継続して必要となる可能性がある教育資金としての借り入れにも素早く対応ができるので、教育資金としてお金を借りるなら低金利の銀行カードローンも良いのです。

 

特に適しているのが大きな金額を借りる際には低金利になるオリックス銀行カードローンで、教育資金としての借り入れ先としても人気です。来店不要で申し込みも契約も行えるので、借りるなら教育資金にも使えるオリックス銀行カードローンに注目です。