MENU

早い審査回答時間でも内容によっては遅くなる場合がある

最近では銀行のカードローンも消費者金融と大差ない審査回答時間となってきており、早いところでは最短30分で審査が完了する銀行もあります。有名な銀行のカードローンでも同様で、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンはネット申し込みで最短30分の審査回答としています。

 

最短30分となると消費者金融大手のアコムやプロミスと同水準で、非常にスピーディな手続きに期待が持てます。どちらの銀行にしてもネット申し込み後に契約機やテレビ窓口を利用すると平日も土日でも最短即日の利用開始も可能となるため、急ぎで借りたい方にも適するカードローンの利用先となります。

 

ただ、審査の回答にしても契約にしても、必ずしも時間通りに終わるわけではありません。審査回答はあくまで最短で終わった場合には30分であり、場合によっては1時間や2時間、翌営業日以降の回答となることもあります。

 

審査に時間がかかるケースとして多いのが申し込み内容の入力ミスで、正しく情報を入力しなかったばっかりに確認に手間取ってしまい、審査回答に時間を要することとなります。確認ができないと申し込み者宛に電話が入り、内容の確認や修正に関する連絡が届いてしまいます。

 

修正がされてからの申し込みの扱い、審査となるので、当然ながら入力ミスがあればそれだけ審査は遅くなり、時間次第では当日中の契約が行えなくなる可能性があります。

 

スムーズで素早い契約のためには正しくミス無く申し込みを進める必要があるので、最短30分の回答となる三井住友銀行カードローンの審査時間にしても最短で終えられるように、よく確認しながら進めるようにしてください。