MENU

2016/10/14 11:17:14 |
銀行カードローンは信頼性の高さだけでなく、商品スペックに優れているのも大きな特徴です。消費者金融と比べると低くなる金利、まとまった金額まで借りられる限度額と、カードローン利用における基本的な部分で優れています。何らかのまとまった要りようで大きな金額を借りたい場合には銀行カードローンが適しているのは言うまでもありませんが、今は大きな金額が必要ないとしても、今後に必要になるかもしれない場合には限度額を大きく持っておいた方が良いのは当然です。ただ、いくら銀行とは言っても特に明確な目的があるわけでもないのに、初回でいきなり大きな金額は貸してくれません。カードローンの場合では初回の限度額は数十万円程度と...
2016/10/14 11:17:14 |
カードローンはどこでも利用条件を定めており、その中には必ず年齢に関する条件も設けられています。何歳以上で何歳までの方といった記載がされており、年齢の条件を満たせない方は利用条件を満たせないため、当然ながらカードローンによるお金の借り入れは行えません。年齢の条件はカードローンサービスによってまちまちですが、多くは20歳以上の成人をしている方を対象としています。未成年への融資を行っているところは極僅かで、大手消費者金融にしても銀行にしても、未成年への融資を行うところは見かけません。一応は一部の信用金庫などで未成年でも親権者の同意等があれば一定額までなら借りられるとしているところがありますが、基本的...
2016/10/14 11:17:14 |
消費者金融は基本的に審査基準が似たり寄ったりで、大手であればアコムもプロミスもアイフルも審査の基準は同じようなものです。他社での借り入れがあっても多くは無く、総量規制の範囲内で自身で安定した収入を持っていればアルバイトなどの方でも借りられる可能性があるといった審査内容となっていますが、モビットに関しては少し異なります。有名消費者金融の中でもモビットだけはどちらかと言えば銀行よりの審査基準であり、安定した収入を持っていることは最低条件となりますが、さらにある程度の水準での収入が必要となる傾向にあります。他の消費者金融では年収が100万円や200万円でも安定していれば借りられる可能性がありますが、...
2016/10/14 11:17:14 |
子供の教育資金には多額の費用がかかり、どうしても手元にあるお金だけでは足らない場合があります。入学金や授業料などで多くのお金がかかるため、貯蓄があるとしても底をついてしまう、またはいくらか足が出てしまうこともあります。教育資金が足らなければ金融機関で借りる教育ローンを利用するといった手がありますが、教育ローンをはじめとする目的型のローンはしっかりとした用途を明確にする書類を用意しなければならないことや、一度借りたらあとは返済を進めていくだけといった不便な点もあります。その分だけ金利には優れているのですが、継続して何かとお金がかかる教育費用としての借り入れで考えると、若干ながら物足りない印象も受...
2016/10/14 11:17:14 |
最近では銀行のカードローンも消費者金融と大差ない審査回答時間となってきており、早いところでは最短30分で審査が完了する銀行もあります。有名な銀行のカードローンでも同様で、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンはネット申し込みで最短30分の審査回答としています。最短30分となると消費者金融大手のアコムやプロミスと同水準で、非常にスピーディな手続きに期待が持てます。どちらの銀行にしてもネット申し込み後に契約機やテレビ窓口を利用すると平日も土日でも最短即日の利用開始も可能となるため、急ぎで借りたい方にも適するカードローンの利用先となります。ただ、審査の回答にしても契約にしても、必ずしも時間通...